ハードライナーズ歴史 INDEX

ハードライナーズ歴史トップ 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年


インターネットで人を集め新しいチームを!
2000年7月、当時Tというチームでプレーしていた、ロビーリー・西岡玲央は同チーム内の内紛を切っ掛けに新チーム設立を決意。「草野球を通じて、様々な人と交流し、野球の技術はもちろん人間的にも成長する」というコンセプトに賛同した選手(光岡、本間、上村、小野寺)を引き連れ、新チーム設立へ着手した。

7月中旬にウェブサイトを立ち上げ、スローガンである「楽しみながら勝つ」を掲示。8月までに約20人の参加希望者が集まった。チーム名はナンパ集団であった前チームの逆を行く意味で「硬派」の意味を持つハードライナーズに決定。本格的な活動が開始されることとなった。当時、世田谷区グランド施設の登録カードが一枚しかなく、グランド確保もままならない状況で、野球に飢えた選手たちを満足させることに四苦八苦させられたが、周りの協力もあり、その問題も徐々に解決され二ヶ月後には毎週一~二回の活動をコンスタントに行うに至る。

初代MVPに輝いたのはこの男、中原紳だった。「ミスター・スポーツ」の異名を持つほどの運動神経を持つ男。総合運動場で行われた初の合同練習。他のメンバーより遅れて到着するも、いきなり行われたシートバッティングに登板。速球に加え切れ味鋭い変化球と抜群の制球力で驚かせた。誰もに「この男がエースとしてやっていくのだろう」という期待を抱かせ、見事その期待に応えた。

記念すべきチームデビュー戦では先発、無四球完封勝利を収め早速片鱗を見せた。また、中原の凄いところは投球だけにとどまらず、打撃でも大いに貢献するところ。パンチ力のある打撃で3割をマーク。塁に出れば、自分が投げている試合であろうと積極果敢に盗塁を企てる。そんな姿を見た選手から投票が集まったのも当然といえよう。尚、次点には打率3割4分8厘・ 盗塁を記録した関口幸生選手が選ばれた。
 

シーズンを振り返る

チーム創立第一試合は、光岡宏明が2ランホームラン。投げては中原紳が完投を治めその後5試合を4勝1引分けという最高の船出となった。初めての黒星は11月4日、先発木代雅彦が大乱調。初回に7点を失った。しかし、徐々に追い上げ、5回には同点に追いついた。が、時間の関係で最終回となったその裏、リリーフで好投してきた中原がサヨナラ打を浴びた。

初代のMVPには28イニングを投げた中原が。まだ一年目ということもあり、監督が各選手の力量を把握していなかったため、ちぐはぐな展開になることも多かった。最終的には11試合を7勝3敗1分という結果となった。傾向としては、全選手が満遍なく持ち味を出したといった感じか。打撃陣ではMVP投票で惜しくも次点に終わった関口幸生が3割4分7厘、12盗塁と気を吐いた。一年目の「種まき」はほぼ予定通り行われたといって良いだろう。選手の実力、適性を見抜き、チームとしての方向性をある程度決めることに成功。また、チームの枠組みが出来たと同時に、一年目にしてチームを去ってゆく選手も多数存在した。
 

監督インタビュー

西岡:2000年の7月、前のチームのね、創設者と今後そのチームをどうしていくかと言うことを話し合ったんです。OBのチームでしょ。転職やら、転勤やらでいつも人数がぎりぎりの状態だったんですよ。突然連絡が取れなくなっちゃう奴もいたし。大体環境が変わると、学生時代の友人とも疎遠になるじゃないですか。そこで投げ出しちゃってもよかったんだけど、代表という立場だったし、真剣に取り組んでる人には申し訳なかったってのもあったしね。それに何より野球が好きだったってのが一番大きかったかな。で、インターネットで選手を募集したり、職場の友達やそのまた友達を呼んで、何とか試合をしていたんです。でもそんな即席チームだから、当然勝てない。勝てないとなると、チーム内で戦犯探しが始まる。そんな雰囲気のチームだったわけです。で、そんな中で野球をすることに嫌気がさしてましたから、「新しいチームを作っちゃおうよ」ってな感じの話も常に出ていたんですよね。それをついに実行したって感じのスタートでした。

 

2000年勝敗表

NO 月日 相手 球場 スコア 責任投手 備考
1 9.30(土) チェリーハンターズ 二子玉川 ○3-1 中原(1-0)  
2 10.7(土) ひまわり 二子玉川 ○13-4 中原(2-0)  
3 10.7(土) ひまわり 二子玉川 ○15-0 上村(1-0)  
4 10.21(土) シラサギ 上井草総合 △5-5    
5 10.28(土) フジクラブ 世田谷総合 ○3-1 本間(1-0)  
6 11.4(土) チェリーハンターズ 二子玉川 ●7-8X 中原(2-1)  
7 11.4(土) チェリーハンターズ 世田谷総合 ○4-0 本間(2-0)  
8 11.18(土) ウィンフィールズ 二子玉川 ○10-6 村山(1-0)  
9 11.18(土) マーベラス 世田谷総合 ○3-1 本間(3-0)  
10 11.23(木祝) ブラックス 瀬田中学校 ●4-8 諏訪(0-1)  
11 11.26(日) ドリームスアストロズ 新星中学校 ●4-6 西岡(0-1)  


オーダー


 

2000年 途中入団者・退団者

入団
木代 雅彦、 古賀 真也、諏訪 恒司、山田マナブ、ロバート.S、高瀬 裕二
退団
ロバート.S、 高瀬 裕二、宮崎 昭、伊藤 教人

2000年(平成12年)出来事

  • ■シドニーオリンピック開催(金5 銀8 銅5)
  • ■ハッピーマンデー制度が初めて成人の日に適用される
  • ■白川英樹名誉教授がノーベル化学賞を受賞
  • ■iモードブーム(出会い・着メロ・待ち受け等)
  • ■イチローが野手として日本人初の大リーガーとなる
  • ■三宅島噴火で全島民避難
  • ■サザンオールスターズの「TSUNAMI」がCDシングル歴代売り上げ1位に
  • ■新紙幣2000円札発行
  • ■新五百円硬貨発行
  • ■ストーカー規制法公布
  • ■四国4県を結ぶエックスハイウェイが完成
  • ■日本初のディズニーホテル「ディズニーアンバサダーホテル」がオープン
  • ■みずほフィナンシャルグループ発足(日本初の銀行持株会社)
  • ■BSデジタル放送開始
  • ■都営地下鉄大江戸線が全線開通

ハードライナーズ歴史 INDEX

ハードライナーズ歴史トップ 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年