2020年10月31日 対TSUKEN

対戦成績 1勝 通算成績 24勝9敗2分け

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ハードライナーズ 0 1 0 2 0 2 1       6 7 1
TSUKEN 0 0 0 0 0 0 0       0 3 0
 片岡 8勝4敗3セーブ
 
 梶野 9勝2敗2セーブ
 阿部 4

バッテリー 片岡 - 阿部

本塁打 梶野 9号


打順 位置 名前 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
         
1 (右) 松 岡 4 2 0 0 3 0 中安   三ゴ   三振   中安    
2 (三) 片 山 3 0 0 0 0 0 投ゴ   二ゴ   左飛        
  中 元 0 0 0 1 0 0             死球    
3 (中) 関 谷 2 1 1 1 1 1 二ゴ     中安   四球 中犠飛    
4 (指) 梶 野 4 2 3 0 0 0 一邪飛     左本   左二 三振    
5 (一) 渡 辺 2 1 0 1 1 0   中二   四球   二飛      
6 (遊) 三 保 3 1 0 0 0 0   三犠失   投ゴ   三振      
7 (捕) 阿 部 2 0 0 1 2 0   左飛   投ゴ   死球      
8 (左) 横 田 2 0 0 0 0 0   三振   三振          
  打左 小中出 0 0 0 1 0 0           死球      
9 (二) 土 井 3 0 0 0 0 0     投飛   三ゴ 三振      
  (投) 片 岡           0                  
    チーム合計 25 7 4 5 7 1                  
  名前
   
               
片 岡 7 103 25 3 0 5 1 0 0
  チーム合計 7 103 25 3 0 5 1 0 0

戦評

2007年以降幾度となく対戦して未だ勝ったことがないTSUKENとの試合。ストロングカップ春決勝トーナメント一回戦。初回の攻撃、先頭の松岡が安打で出ると盗塁を決める。片山の投ゴロで一死三塁と絶好のチャンス。しかし関谷の二ゴロでは返れず。四番梶野も倒れ無得点。一回裏先発の片岡は一糸から安打を打たれると三番打者には四球を与え一・二塁のピンチ。しかし四番・五番を連続三振で切り抜ける。二回表、この回先頭の渡辺が右中間へ二塁打。続く三保の三塁犠打が内野安打、更に悪送球を呼び1点先制。二回裏一死から内野安打を浴びるが牽制で刺す。三回は両チームとも三者凡退。四回表この回先頭の関谷が中前打で出ると四番梶野がバットの根っこながら左柵を軽々と超える本塁打で3-0。六回表には梶野の適時二塁打と重盗で5-0。七回表にも関谷の犠飛で追加点。大量援護に守られた片岡はその後目立ったピンチも無く完封勝利を収めた。

監督談話

以前は歯が立たない印象だったTSUKENに快勝できたことは感慨深いものがある。とにかく先制点をとった後もミスをせず、1点ずつ追加点を取れたことが大きかった。勿論先発の片岡の投球も素晴らしいものだった。

<<  前の試合次の試合 >>

各年度試合結果