2020年2月15日 対ダークス 北区新荒川大橋A面

対戦成績 1勝 通算成績 3勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ダークス 0 0 2 0 3 0         5 7 1
ハードライナーズ 2 0 1 0 5           8 7 1
 
 阿部 1勝1敗
 
 

バッテリー 中元 土井 - 阿部

本塁打 中元 1号


打順 位置 名前 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
         
1 (左) 永 田 .000   4 0 0 0 0 0 投飛   遊飛 遊ゴ 遊直        
2 (二投) 土 井 .500   3 2 0 0 0 0 左二   投ゴ   投安        
3 (遊) 三 保 .500   1 1 0 2 2 0 四球   中安   死球        
4 (中一) 渡 辺 .571 1 1 0 0 2 0 0 三振   死球   四球        
5 (捕) 阿 部 .286   2 2 3 1 1 0 中二   中安   四球        
6 (投中) 中 元 .333 1 3 1 4 0 0 0 捕邪飛   三野選   左本        
7 (一) 鈴木雅 .333   2 1 0 1 2 0   中安 三振   四球        
8 (右三) 小 寺 .000   2 0 0 1 0 1   左邪飛   三振 四球        
9 (三右) 大 橋 .000   3 0 0 0 0 0   左邪飛   三ゴ 三振        
    チーム合計 .261 2 21 7 7 7 5 1                  
  名前
   
                 
中 元 5 86 25 7 0 1 3 5 4 5.60
S 土 井 1 8 3 0 0 0 1 0 0 0.00

戦評

今シーズン三試合目の練習試合。ホームでは初となる北区新荒川大橋球場。先発は中元。初回一死から二番打者に安打、二死から四番打者に二塁打を浴びるも無失点。その裏の攻撃、一死から二番土井が三塁頭上をワンバウンドで破る二塁打。投暴投で三塁へ進むと三番三保が四球で一死一・三塁。三保が盗塁を仕掛けると捕手が悪送球。その間に土井が生還し1点先制。二死から阿部が適時二塁打で2点目。二回表、先頭打者に二塁打を浴びるも無失点。二回裏、鈴木雅が安打で出ると二盗を決める。しかし三盗を全くの失敗でチャンスを逸する。三回表、一死から安打を浴びると二死から四球を与え盗塁を決められ二・三塁。ここで三番打者に二塁打を浴び同点に追いつかれる。二死から痛い失点。その裏の攻撃、二死から三保が安打で出ると渡辺が死球。五番阿部が二打席連続となる適時打で勝ち越し。四回表またも先頭打者を安打で出すも無失点。その裏、あっさりと両チーム初となる三者凡退に抑えられる。五回表、一死から連続四球と安打で満塁のピンチ。ここで二番打者に右中間を破る走者一掃の二塁打を浴び逆転を許す。その裏代わった二番投手から先頭土井がバント安打。その後三連続四球で1点差に爪より更に無死満塁から、六番中元が左草むらに飛び込む満塁本塁打で逆転に成功。更に連続四球などでチャンスを作るも追加点を奪えなかった。ここらあたりはもう少し粘りがほしかった。最終回となった六回表、二番手土井が二死から死球を与えるも続く打者への投球を阿部が弾く間に二進を試みた走者を刺し試合終了。これで練習試合ながら開幕三連勝となった。

監督談話

投手が中々ビシッと抑えられないという展開は公式戦でも多々あると思う。そんな中では点に繋がる失策もなく、まあまあ抑えられたかなという印象。ただ、打線が良い人と悪い人がはっきり別れている。いらない飛球を打ち上げたり、工夫が感じられない人もいるんじゃないかな。今日の投手の傾向として、変化球でカウントを取りに来るのがわかっていたはず、その変化球を狙うとかあっても良かった。直球だけを待つ姿勢をそろそろ卒業しないとね。強いチームは甘い直球なんて投げてこないよ。

<<  前の試合次の試合 >>

各年度試合結果