2020年2月1日 対Blueimpulse 北区新荒川大橋E面

対戦成績 1勝 通算成績 1勝

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ハードライナーズ 0 0 1 0 7           8 7 2
Blueimpulse 0 2 1 0 1X           4 4 0
 
 阿部 1勝1敗
 
 

バッテリー 上野 岩永 - 阿部

本塁打 


打順 位置 名前 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
         
1 (中) 横 田 .500   2 1 1 1 1 0 四球   三振   四球
左安
       
2 (左) 町 田 .500   2 1 0 0 1 0 右安   二飛            
  佐 藤 .500   2 1 0 0 0 0         中安
三邪飛
       
3 (三) 高 橋 .000   2 0 0 1 1 1 三ゴ   三失   四球        
4 (一) 渡 辺 .667   3 2 3 0 0 1 中飛   中三   左二        
5 (捕) 阿 部 .000   2 0 1 0 0 0 投ゴ   投ゴ   中犠飛        
6 (指) 永 田 .000   2 0 0 1 0 0   中飛   三ゴ 四球        
7 (遊) 三 保 .000   1 0 0 2 2 0   三振   三振 四球        
8 (右) 綾 部 .333   3 1 0 0 0 0   二飛   三安 一飛        
9 (二) 土 井 .333   3 1 2 0 0 0   三振   三振 中安        
  (投) 上 野             0                  
  岩 永                                
    チーム合計 .318   22 7 7 5 5 2                  
  名前
   
                 
上 野 4 71 22 3 0 1 5 3 2 3.50
  岩 永 1/3 21 30 1 0 0 3 1 1 21.05

戦評

20周年を迎え昨年より更に1日寒風吹き荒れる速い史上最速の2月1日開幕戦!相手はおなじみBlueimpulse。先行で迎えた試合、初回いきなり先頭の横田が四球で出塁。二番町田がヒットエンドランを決め無死一・二塁。しかし三番高橋は三ゴロで一死一・二塁。四番渡辺、五番阿部と倒れ無得点。その裏、開幕投手は上野。先頭打者にいきなり四球を与えるも二番、三番と打ち取り二死一塁。しかし五番打者には死球を与えピンチ。六番打者を一ゴロに打ち取り無失点。二回表、一糸から三保が四球を選ぶと盗塁を決める。しかし綾部、土井と倒れ無得点。二回裏、先頭打者に死球を与えると一糸からバント安打を決められる。盗塁を許し一死二・三塁、八番打者に中越え三塁打を浴び1点を失う。続く打者にも安打性の打球を浴びるも右翼綾部がライン際で好捕。追加点は許さなかった。三回表、二死走者なしから高橋が敵失で出ると、四番渡辺が中越えあわや本塁打という打球(三塁打)で1点差。三回裏、先頭打者の打球は三ゴロ。送球がワンバウンドとなるが渡辺が弾き無死一塁。その後二盗・三盗と許し無死三塁から三ゴロ本塁捕殺。一死二塁からの三ゴロ、高橋が二塁走者へタッチしに行くが大きく避けられる。完全に3フィートラインオーバーだったが何故かプレーは続行。その後バント安打で1点を追加された。四回は両チーム無得点。五回表、三番手投手を攻める。先頭横田が四球、途中出場佐藤が中前打、高橋が四球で無死満塁。ここで渡辺が左中間へ二塁打を放ち二者返り同点。更に無死二・三塁から阿部が中犠飛で勝ち越し。その後も捕逸で追加点。永田、三保が連続四球で満塁から土井が2点適時打。横田も適時打を放ち一挙7点を奪った。最終回38歳ルーキー岩永がマウンドに上がる。しかし緊張からか連続四球を与えると、一死から安打で満塁。時間切れのため最後の打者にも押出四球を与えた。ここはリベンジに期待したい。

監督談話

最初の試合。なにはともあれ勝つことができたので良かった。昨年からの勝ちパターンを年をまたいでも出すことができた。欲を言えば最初に点を与えすぎたのではないかな?四死球、失策。後悔する失点がもったいなかった。ただし随所に好プレーも出たのでそれはそれで次回以降修正できるように。

<< 前の試合| 次の試合 >>

各年度試合結果