2019年6月1日 対ZIMA東京支部 二子玉川渋谷E面

対戦成績 1勝 通算成績 27勝1敗

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ZIMA東京支部 4 0 2 0 0           6 5 1
ハードライナーズ 1 3 2 2 0           8 9 1
 鈴木雅 7勝
 
 
 町田 1

バッテリー 山内 鈴木雅 - 柏 伊東 

本塁打 渡辺 5号 6号


打順 位置 名前 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
         
1 (指) 永 田 .200   3 0 0 0 0 0 左飛 三振   一飛          
2 (左) 町 田 .359   3 1 2 0 0 0 三振   三ゴ 左二          
  嶋 津 1.000   0 0 0 0 0 0                  
3 (中) 渡 辺 .313 6 3 2 2 0 0 0 中本   中本 右飛          
4 (一) 金 敷 .389   3 1 0 0 0 0 三振   右安   捕ゴ        
5 (遊) 三 保 .333   3 2 0 0 0 0   一安 左安   左飛        
6 (右) 鈴木竜 .528 3 1 1 1 0 0 0   左安 中犠飛            
  代打 針 立 .263   1 0 0 0 0 0         三振        
7 (三) 松 岡 .324   2 2 0 0 0 1   一安   左安          
8 (二) 土 井 .213   0 0 1 1 0 0   死球              
  打左 小中出   0 0 0 1 0 0       死球          
9 (捕)   0 0 0 0 0 0                  
  伊 東 .200   1 0 1 0 0 0   遊ゴ   捕犠打          
  (投) 山 内             0                  
    チーム合計 .301 21 20 9 7 2 0 1                  
  名前
   
                 
  山 内 2/3 42 8 3 0 1 3 4 3 21.21
鈴木雅 4 1/3 19 5 0 0 1 1 0 0 0.87

戦評

この日第二試合はSCLR予選第三節。初参加の投手山内・捕手柏に先発バッテリーを任せるという大胆な策に出たが、裏目に出てしまう。一回表の守り、いきなり四球を与えると二番打者の送りバントが失策となり一・二塁。ここで適時打を浴びまず1点。更に続く打者にも適時打を浴び2点目。二死後今度は二塁打を浴び4点のビハインド。更に四球を与えたところでバッテリー交代。この回を凌ぐ。一回裏、二死から渡辺の本塁打で1点を返す。二回裏には三保、鈴木竜、松岡の三連打で満塁とすると土井が押出しの死球で2点差。続く伊東の遊ゴの間に1点を返し1点差。ここで捕逸が出て同点に追いつく。しかし三回表、先頭打者に四球をあたえると、続く打者の犠打が捕手伊東の野選を誘い無死一・二塁。ここで七番打者に適時打を浴び再び1点リードされる。更に八番打者に犠飛を許し2点リードされる。三回裏、一死から渡辺が二打席連続となる本塁打で1点差。続く金敷が安打で出ると牽制悪送球で二塁へ。三保の安打で一死一・三塁から鈴木竜の中犠飛で同点に。四回裏、この回先頭の松岡が左安。代打新人小中出が死球で繋ぐと伊東が犠打を決め一死に・三塁。勝ち越しのチャンスだったが永田は一飛に倒れ二死。ここで二番ベテランの町田が左翼線へ2点二塁打を放ち勝ち越し。そのまま逃げ切った。

監督談話

初参加の二人にいきなり公式戦でのバッテリーは荷が重かった。もっと楽な場面、もしくは捕手は伊東にするなどすればよかった。嫌な思いをさせてしまい申し訳ない。試合の方は一回に失点してもすぐに1点返せたことで「行ける」というムードになった。初回に失点してもその後を抑えていけば必ず突破口は開ける、そういうことを知らせてくれる試合だった。

<<  前の試合次の試合 >>

各年度試合結果