2019年6月1日 対PRADISE 二子玉川渋谷E面

対戦成績 1勝 通算成績 26勝1敗

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
ハードライナーズ 5 0 0 0 5           10 9 0
PARADISE 0 1 0 2 0           3 2 1
 梶野 5勝
 
 
 金敷 1

バッテリー 松岡 梶野 - 伊東 

本塁打 鈴木竜 3号 渡辺 4号


打順 位置 名前 一回 二回 三回 四回 五回 六回 七回 八回 九回
         
1 (中) 渡 辺 .297 4 3 2 3 1 2 0 左安 四球   三ゴ 中本        
2 (捕) 伊 東 .237   4 1 1 0 2 0 二ゴ 三飛   遊失 中安        
2 (三) 金 敷 .400   3 2 1 0 1 0 中安 遊飛   遊飛          
  嶋 津 1.000   1 1 1 0 0 0         左安        
4 (指投) 梶 野 .441 1 3 2 1 1 0 0 左二 三飛   四球 左二        
5 (遊) 三 保 .315   2 1 0 2 0 0 左安   四球 遊飛 四球        
6 (左) 鈴木竜 .514 3 2 1 2 1 0 0 中本   死球   投飛        
  打左 町 田 .361   0 0 0 1 0 0         四球        
7 (一) 永 田 .219   1 0 0 0 0 0 遊飛   投犠打            
  打一 鈴木雅 .300   2 0 0 0 0 0         三ゴ
左飛
       
8 (二三) 土 井 .209   1 0 0 2 0 0 四球   中飛   四球        
9 (右) 針 立 .278   2 0 0 0 0 0 遊ゴ   中飛            
  打右 綾 部 .200   0 0 0 0 0 0         四球        
  (投) 松 岡 .286             0                  
    チーム合計 .296 19 24 10 9 8 5 0                  
  名前
   
                 
  松 岡 3 2/3 77 18 2 0 1 5 3 2 5.74
梶 野 1 1/3 19 5 0 0 1 1 0 0 0.94

戦評

初出場のベースマン杯一回戦。初対戦となるPRADISEが相手。初回渡辺の左前安打を皮切りに金敷の適時打、梶野の適時二塁打、鈴木竜の本塁打などで一挙5点を奪う。先発は初登板となる松岡。初回を三者凡退に抑える。二回表にも四球で出た渡辺が盗塁を決め無死二塁となったが、ここから三連続内野フライといただけない攻撃。二回裏に先頭打者に死球を与えると続く五番打者に二塁打を浴び1点を返される。三回表の攻撃、三保、鈴木竜の連続四死球と永田の犠打で一死二・三塁のチャンスを作るが、土井は浅い中飛。針立も倒れ無得点。嫌なムードに。その裏、先頭打者に安打を許すと、続く打者に死球で無死一・二塁。二死まで持っていくも連続四死球で1点を返され更に二死満塁となったところで投手梶野に交代。梶野も押出しを与えるが、なんとか踏ん張り5対3。五回表二死走者無しから土井、代打綾部が連続四球。一番に返り渡辺が左中間を破る本塁打でようやく追加点。更に伊東が安打を放つと二塁盗塁。途中出場体入嶋津が三遊間を破る適時打。梶野も二塁打で続くと三保、代打町田が連続四球で押出し。10対3となり勝負あり。

監督談話

初回に5点を取った後、チャンスを作りながら得点できない、弱いときのチーム状態になった。最後なんとか最近の攻撃パターンを出すことが出来たのは救いだった。無死もしくは一死三塁のとき、何をすればいいかもう一度考えよう。

<<  前の試合次の試合 >>

各年度試合結果